www.sniportugal.com

-

-

全損とはその名の通り車の全機能が故障したことで言い換えれば走行出来ない等乗り物としての働きを満たさなくなった場面で言われますが自動車保険での『全損』はちょっと違った内容が込められていたりします。自動車の保険の場合では自動車が破損した場合に【全損と分損】という風に2つの状況に振り分けられ〈分損〉は修復の費用が保険金内でおさまる事を表し〈全損〉とは修理の費用が保険金を超える場合を言います。普通、乗用車の修復で全損というと車の心臓、エンジンに修復できない被害が存在したり、骨格が歪んでしまって修繕が不可能な時、再利用か処分と結論付けられるのが当たり前です。しかしながら、乗用車の事故の後に修理業者や車の保険会社がその修理費を計算した状態でいかに表面がきちんとしていて修復ができる時でも修理のお金が補償額よりも高かったらそもそもなんで保険に加入しているのか分からないです。このような状況では、【全損】と判断してマイカーの権利を自動車保険の会社へ渡して補償金を頂く仕組みなっています。当然それなりの期間運転した愛車で執着があり自費で修復をしてでも使用したいと考える人は多くいるのでケースにおいて自動車の保険屋さんと意見交換するといいでしょう。そして、 自動車任意保険の種類に応じてこういった状況が考えられていて特約等の《全損》時のための特約を設けているところが多く、たとえ自分の車が全損となった際でも新車購入等の経費をある程度もってくれる場面もあります。そして盗まれた際の補償額の特約をつけている場合、被害にあった車が発見できない際でも全損となり、保険が適用されるようになっています。

Copyright © 2000 www.sniportugal.com All Rights Reserved.