www.sniportugal.com

-

-

今回は為替取引というもののベーシックな理由のエピソードです。為替の市場とは「自分で金の送金をすることなく資金授受の趣旨をクリアするもの」です。よく為替の市場とはたいてい外国の為替について言っているというケースがほとんどです。外国の為替といえば国同士の通貨の取り替えのことを指します。外国旅行(スペイン、中国、ベトナム、アメリカなど)などしたことがあるならばたぶん外国の為替の経験をしたことがあります。近くの銀行に行って他国のお金に換金をしたのであればまさに外為です。為替市場を簡潔に説明すると、買い手と売り手の価格の相場を指したものです。銀行同士の間でのやり取りの結果確定されるものです。その銀行がマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定された複数の銀行です。為替の相場はいろいろな力を受けつつもなお休む暇なくみるみる変動して行きます。為替を変化させる要因とは、ファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズとは経済の基本や要因のことを指すものです。国ごとの経済成長や景気状態、通貨政策、外国取引の収支、失業率、重要人物の一言と言うことが影響し合って為替レートは変化して行きます。国際収支や無就業者数は影響が大きいと思われます。国際収支とは何か日本でいうと財務省からの言いつけで日本銀行が日本外国貿易統計を土台として取りまとめた国外とのある日数の経済の取引を書き記したものです。貿易収支は中央省庁や中央銀行のHPなどで知ることができます。就労者の統計・失業率も影響することが多い理由なのです。ひときわアメリカの雇用者の統計はポイントとされます。月に一度公表されリサーチするねらいが幅広いところが特徴です。為替レートの変化は各国の経済の動向を指しているので。国の経済の推移を調査することにより為替相場の推移の見極めができるようになると言えます。

Copyright © 2000 www.sniportugal.com All Rights Reserved.