www.sniportugal.com

-

-

自動車を所有する人ならば承知だのはずですが自動車税という税金の納税義務があります。そして自動車税は、査定に出す車の買い取りの際に当然のように還ってくるのです。これは実際実行してみるとすぐ分かりますが、それでは一つずつ流れを分かりやすく説明します。事前に記載すれば日本で生産されているクルマだけでなく外国の車でも税金が還ってくる範囲になります。当然ですが中古車もそうです。自動車税は自動車を所有する人が払わなければいけない税ですが、これはそれぞれの排気量の大小毎に定められています。1リッター以下ならば29500円1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円。これ以降は500ccずつ5000円ずつ増加していきます。そしてこの税金は4月1日時点の所有者が今年度のお金を払うという決まりになっています。ということは先払いになるということですので、もちろんクルマを引き取ってもらって、所有権を手放した時などは先払いした分の金額は返還されるというわけです。この自動車税というのは前払いで年度内の金額を支払いますので、その年度内にクルマを手放した場合には、新たなオーナーがこの税を納めなければいけないのです。売却先が買取専門業者なら買い取り時に所有者が先払いしている分の金額を返還してくれます。要は所有権が移転された日以降の税金は、新たなオーナーが支払わなければならないのです。もし自分が10月の間にクルマを買い取ってもらった際は、11月以降来年3月中までの払ったお金は還ってくるのです。というのも繰り返しになりますが自動車税は一年分を先払いしているという事実から来ています。つまり前オーナーは買い取った相手に税を返してもらうということです。個人間で愛車を手放す際に、意外にこのような知識に気付かない方が多くいるため、しっかり確認するようにしましょう。自動車税という税金は自動車の売却で返金されるという事実を意外に知っている人が少ないからと言ってその状況を隠す悪徳業者もあるのです。こちら側から自動車税について言わなければ全く返金のことに関して言わないということもたびたび聞かれます。なのでクルマの買い取りをお願いする時には税金が返金されるのかどうかの確認を怠らないようにしましょう。

Copyright © 2000 www.sniportugal.com All Rights Reserved.